釣りの日はいつも雨

コピーライターによる人間観察日記

前世を信じる人

スピリチュアル的なものを信じているか、と言われると、私は自分のためになるものは信じている。

 

私は、小6〜中1まで不登校だった。大々的にいじめを受けたわけではないが、何となくクラスの人から無視され、何となく集団に居づらくなり、何となく行かなくなってしまった。私は心の病院から鍼灸院から気功から、とにかく色々な場所へ連れて行かれた。(宗教的なものはなかったと思う。)そのくらい、私の母親は私をなんとか治そうと必死だった。今思い返しても、申し訳なさで涙が出てくる。私がいわゆるスピリチュアル的なものと出会ったのは、その頃だった。

 

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

[完全版]生きがいの創造 (PHP文庫)

 

 

このシリーズは何冊か出ているのだが、母親は全て購入していた。私は母がなぜその本を買ったか、自分のせいだということが分かっていたので、母がいないときにこっそり読んでいた。今手元にないので私のおぼろげな記憶になるが、「死後の世界」や「前世」について書かれていたと思う。宗教チックというよりは、割に科学的に、客観的な視点で書かれていた。患者、と言っていいか分からないが、様々な人に催眠療法のようなもので前世の記憶をたずねていく章は、小学生の私にとっては新鮮で、かなり前のめりで読んだ。

 

よく、小さな子どもに「生まれる前、どこにいたの?」と聞くと、「お空の上で、ママとパパを見てた」と答える、というのがある。そのことについても、書かれていた。作者曰く、子どもは親を自分で選んで生まれてくるらしい。人は生まれ変わるとき、前世を踏まえて、次の人生で自分に何が必要かという目標のようなものを設定する。自分が生まれてきた意味は、自分が決めているということだ。

 

スピリチュアルだの宗教だの前世など、うさんくさい話かもしれないが、この本はどこかで自分の心のお守りになっている気がする。学校へ行かなかったあの頃、私は自分が生まれてきた意味や、これから生きていく意味、死んだ後のことなどを死ぬほど考えた。答えはないし、誰にもわからないが、1つ、自分が生きやすくなる答えを持っておくのはいいかもしれない。

 

母に「あの本貸して」と言う勇気はまだないので、気が向いたら本屋でまた買ってみようと思う。